出張買取はクーリングオフ対象になる

Pocket

バイクの出張買取で売却を断りたくても、担当者が威圧的で断れなかった人や説明が不足しているまま売却を促されてしまった人などは、クーリングオフをすることが出来ます。ただし、売却してから8日以内が期限となるので、素早い行動が必要になります。この8日以内には契約日も含まれているので注意しましょう。たまに売却金が振り込まれてから8日以内と勘違いしている人もいます。

出張買取バイク買取でクーリングオフが出来るのは、出張買取のみです。同じ買取でも、業者にバイクを持ち込んだ場合は自分の意思で売却したとみなされるのでクーリングオフが適用されません。逆に、買取業者がクーリングオフの説明をしない場合は、悪質業者を疑いましょう。担当者のうっかりということも考えられますが、基本的にクーリングオフ制度の説明は行うのが一般的です。その制度の説明をしないということは、やましいことがあるからではないかと疑われても仕方ないと言えます。

クーリングオフ制度の期間内に連絡を絶つ悪質業者もいます。担当者不在やかけなおしなどを言われて、時間を稼いでいると見た場合、書面で手続きをする準備をしてください。すべての業者が疑いを持たれるような買取をしているわけではありません。しかし、ごく一部でこういった業者がいるので持ち主は警戒をしていて損はないでしょう。